株式会社SMB(山津博彰)の神馬万象で目指せ月収100万!

2019年の一押し副業!株式会社SMB(山津博彰)の神馬万象

リスクを減らしたいのなら分散投資を

time 2020/06/10

投資のリスクを少しでも減らしたいという場合は、分散投資という形を選んでおくと良いでしょう。 株式投資を行う時、1つの銘柄に全ての資金を注ぎ込み形を選ぶと、その銘柄が大きく暴落をすれば資産を大幅に減らしてしまうことになります。しかし、手持ちの資金で複数の銘柄を購入する形を選んでおけば、一つの銘柄が暴落をしても、他の銘柄が持ち堪えリスクを減らせる可能性が生まれます。そのため、少しでも投資のリスクを減らしたいという場合は、投資先を分散させておくことが有効です。 そんな分散投資を始める時に、有効な方法が複数の投資法を活用することです。投資に回すことができる余裕資金全てを株取引に回すのではなく、一部は投資信託や定期預金など複数の投資法を選んでおけば、株式相場に大きな変動があった場合でも、余裕資金全てを失うことを防止することができます。リスクを減らす投資方法を意識しておけば、仕事をしている間に資産が大幅に減ってしまったらなど不安を感じることもなく、安心して本業に打ち込むことができるようになるでしょう。 こうした分散投資に挑戦をしてみたいという場合に活用をしておいて損がないのが、NISAです。投資で増えた金額には税金がかかり、その金額によっては確定申告の必要も出てきます。そんな中、NISAは毎年120万円までの投資で得た利益が非課税となるシステムです。NISAを開始して最長で5年と、期限に関する決まりはありますが、投資によって増やしたお金をしっかりと手元に残したいという場合は、最長5年の間税金で頭を悩ませずに済むNISAの活用を考えておくと良いでしょう。 NISAは、株取引だけでなく投資信託や不動産投信など、複数の投資法に対応しています。一度使った投資枠は、再び使うことができない上、余った投資枠を翌年へ持ち越すこともできません。そんなNISAは、120万円までの投資枠を活用し複数の投資法を組み合わせていく形で利用する人が多くなっています。1年120万円であれば、できる投資は限られてしまうのではないかと考える人もいるでしょう。しかし、投資信託のように小額からスタートできる投資法もあります。分散投資に挑戦をしてみたいという場合は、通常よりもお得に投資をすることができるNISAの活用を考えておくと良いでしょう。可能な投資法は選ぶ金融機関によって変わるため、理想に近い投資をしたいときは取り扱い商品を確認した上で、口座開設をする金融機関を選ぶことがおすすめです。

down

コメントする